Posted by at

2014年04月07日

真剣に悩む


ニキビ跡ってなんでできるんですかね。

私も悩んでいます。
真剣に

今日はそこんとこについて考えてみました


そもそもニキビ跡はなぜできるのか?

原因はメラニンです
ターンオーバーの際に滞ってメラニンが排出されず、肌に定着し結果ニキビ跡(シミ)になってしまいます
メラニンと聞くとシミの原因になってしまう悪い奴といったイメージがあると思います


調べてみると悪い奴だけではないという事がわかります。

実は紫外線など外部の刺激から肌を守ってくれる大切な存在でもあります

赤ニキビができると炎症から細胞を守るために大量のメラニンが生成されます。
そこでターンオーバーが正常に行われないためにシミやニキビ跡になるのです
メラニン色素には免疫機能があり、実は皮膚組織を守る働きをしています。

メラニンだけが原因ではないのです


一度ニキビ跡になると非常に治りにくいです。
ですが、治りやすいものもあります。


そこを見極めるのが、真皮にまで達しているかどうかです。

真皮の中の毛細血管が破壊されて出血しているとのちのちシミとなってしまいます。


肌はとてもデリケートな生き物です。
メイク、洗顔、クレンジングの際にはニキビ部分にはデリケートに扱うようにしましょう。

マッサージのような肌を活性化させるようなことは厳禁できてしまったニキビを早く治したいからといってニキビが炎症を起こしているのにマッサージをしたりする人がいますが、完全にNGです

炎症状態のニキビを活性化させる→
症状が長引きシミになることがおおくあります。

できているニキビには極力触ってはいけません
マッサージなんて厳禁なのです。

あとは外部からの干渉という意味では紫外線を浴びないようにする事も頭に入れといてください
炎症状態の皮膚は紫外線を受ける事でさらにダメージが悪化する事があります


なので日焼け止めはこまめにしても良いでしょう
ファンデーションはパウダータイプのを使用しましょう。

どうしてもニキビは悪化したニキビが治らない場合には最寄りの皮膚科に行く事をおすすめします。
今は軟膏タイプやジェルタイプといった薬がありますので、以前より治りやすい環境にはなっていますよ♪

他にも茶色ニキビ跡に効く化粧水なんかもあります

跡になってからでは遅いですからね・・・
私のように


それでは
  


Posted by とくさん at 12:13Comments(1)日記